Menu

プロフィール


name:kaoru
マイペースに羊毛フェルト作成を楽しんでいます。不器用な初心者で、こんな私でも楽しんで作っている事が皆さんの励みになれば嬉しいです♪

© 2012 BlogName - All rights reserved.

Firstyme WordPress Theme.
Designed by Charlie Asemota.

白ねことトラねこのストラップ キット作成手順 その1

- Author: kaoru

今回、作成するキットは「ハマナカ 白ねことトラねこのストラップ」です。

ハマナカ 白ねことトラねこのストラップ

 

 

 

 

 

 

 

「ハマナカ」さんは手芸をする方なら、ご存知の有名な会社。

毛糸のイメージが強いと思いますが、他の手芸用品も数多く

羊毛フェルト関連も多くの材料やキット、道具が販売されているので

私の使用道具もハマナカさんが多いですね。

使用道具については別にまとめています。

さて、このキットですが1セットで2つのネコのストラップが作れます。

白猫とトラ猫、二匹分の材料が入っていて、作り方は、ほぼ同じです。

トラ猫のシマシマ模様分の作業が多いくらいです。

という事を確認したので、基本的に作成できるように「白猫」で作成します。

このキットはニードルやマットは付属していません。

持っていない方は別に準備が必要です。

また、「ニードルわたわた」を使用せずに、全部羊毛フェルトで作成するタイプです。

ストラップ キットの内容写真

 

 

 

 

 

作業前の取り分けですが、今回は何㎝×何㎝という表記はありません。

シートではなく羊毛フェルトだけで作成するので、大まかな分量の表記です。

その段階で初心者の私はハードルを感じたのですが…

経験値を上げるためにも、手探りで作業を進めていきます。

まずは、頭用とボディ用に羊毛フェルト・白を切り分けました。

ここで、ポイントが説明されており、羊毛フェルトは切ると切り口が

フェルティングしにくくなるので、少しほぐしてから作業すると良いそう。

これは、覚えておくと役に立つ情報だと思いました。

アドバイスに従って、少しほぐし、軽く丸く形を作り

軽く丸く形を作った状態

 

 

 

 

 

実物大型紙と照らし合わせながら、フェルティングして固く形を作っていきます。

が、多く取り分けてしまったようで、一回り大きいサイズになりました(T_T)

慣れないうちは、少しづつ取り分ける事をオススメします…。

説明書を参考に作った状態

 

 

 

 

 

左側が頭部、右側がボディです。

口元の作成には少しだけ、取り分けて作ってみました。

作る方法は前回と同じように「実物大型紙」に合わせて形をフェルティングします。

頭部に作成した口元を乗せてみますと

頭部に口元をのせた写真

 

 

 

 

 

 

このような感じです。

やっぱり大きめなサイズになって、アンバラスです…(T_T)

後々の作業で何とかするとして、他のパーツを作っていきます。

Comments are closed - Categories: ◇猫, ●白ねことトラねこのストラップ, ☆羊毛フェルト キット作成