Menu

プロフィール


name:kaoru
マイペースに羊毛フェルト作成を楽しんでいます。不器用な初心者で、こんな私でも楽しんで作っている事が皆さんの励みになれば嬉しいです♪

© 2012 BlogName - All rights reserved.

Firstyme WordPress Theme.
Designed by Charlie Asemota.

子ライオンのキーホルダー簡単作成方法 続き

- Author: kaoru

前回からの続きの作業です。

頭作成時に切り取っていたモノを顔の中央部分にのせていきます。

乗せる場所は、おでこ、鼻、口元の三箇所です。

鼻と口元は繋がるようにのせてフェルティングします。

追加盛りが出来たら、羊毛・茶色でカバーします。

カバーしながら形を整えると

羊毛・ライオン・顔1

 

 

 

 

 

こんな感じです。

追加の作業として立体感が出るように更にフェルティングした事と

耳の先端が三角に、頭部に近い部分は広くなるように…と形を整えました。

立体感が出るようにフェルティングする時は

ニードルは一本使用で、彫刻のイメージで一針一針を深く刺すようにしました。

目の周りは、へこませるようにフェルティングしておきました。

この後は目のパーツを入れます。

場所は、へこませるフェルティングした所へ目打ちで穴を開けて

ソリッドアイを入れて、手芸ボンドで固定します。

羊毛・ライオン・顔2

 

 

 

 

 

更に目が大きく見えるように、目のパーツの周りに

羊毛・黒を囲んでフェルティングしていきます。

目が出来たら鼻と口を、同じく羊毛・黒で刺していきます。

鼻は三角形になるようにフェルティングし、鼻に繋がるように口も刺します。

鼻が出来たら、目から鼻筋が通って見えるように、

少しフェルティングして形を整えます。

羊毛・ライオン・顔3

 

 

 

 

 

顔が完成しました。

次は、キーホルダーになるように「丸カン」を付ける作業に移ります。

まず、ペンチで丸カンを刺しやすいように、ずらします。

次に目打ちで、頭部に穴を開けて

羊毛フェルト 丸カンの付け方

 

 

 

 

 

丸カンを通し、ペンチで閉じます。

ペンチで閉じた場所を、頭部の中に入るように動かして

その後は、頭と同色の羊毛で丸カンが抜けないように補強します。

羊毛・ライオン・完成1

 

 

 

 

羊毛・ライオン・完成2

 

 

 

 

 

羊毛・ライオン・完成3

 

 

 

 

 

あとは、好みのチェーンをつければ完成です。

 

Comments are closed - Categories: ●子ライオンのキーホルダー, ☆オリジナル作品